日本の春の風物詩は何と言っても「桜」だろう。中国でも春の風物詩はさまざまなものがあるが、北京市で言えば「柳絮(りゅうじょ)」がそれに当たる。柳絮とは柳の種子なのだが、綿毛を持っていてふわふわと漂っている。春になると北京の街のいたる場所に綿毛がたまり、ポイ捨てされたたばこの火が引火している光景も目にすることもある。

 一方、中国にも桜はあるものの、多くの中国人にとって桜といえば日本というイ・・・・

続きを読む