日本の観光庁が発表した宿泊旅行統計調査(速報値)によると、2018年、外国人の延べ宿泊者数は8859万人泊で、調査開始以来の最高値となった。また、地方部のシェアが前年に引き続き4割を上回った。日本の情報を紹介する中国の情報サイト・日本通は12日、「なぜ中国人観光客は青森県や佐賀県に行くのか?」と題する記事を掲載し、日本を訪れる中国人の動向が変化していることを伝えた。

 記事はまず、「かつ・・・・

続きを読む