日本ではもうすぐ桜の季節を迎えようとしているが、今年も多くの中国人観光客が桜の時期に日本旅行を計画しているようだ。中国メディアの今日頭条は11日、日本に旅行へ行こうとしている中国人に対し、「日本では避けるべき行為」があると注意を促す記事を掲載した。

 まずは、基本的なことだが「列に割り込まない」こと。日本では軽犯罪に当たるが、これは法律以前の問題で人として最低のマナーなので、日本では絶対にやめるように訴えている。大抵は、時間がなかったなどと言い訳をするようだが、それなら時間に余裕を持って行動すれば良いだけであり、「民度の低い一部の中国人が日本で反感を買っている」ことに不満を示している。

 さらに、日本での「痰吐き」にも注意を促している。記事の中国人筆者は、中国で自転車に乗る際は前を走る人が痰を吐くのが一番怖いそうだが、この悪習を海外に持ち込むことは絶対にあってはいけないことだと念を押している。これも日本では軽犯罪に当たる行為だ。中国でも都会では痰吐きがだいぶ減ってきてはいるものの、民度の格差の大きい中国では、地方などではまだ改善されていないため、海外に行く場合やはり注意が必要だろう。

 さらに、日本では「ごみは分別する」と紹介。なかなかごみの分別が普及しない中国では難しいようだが、そもそも日本は中国の都市部と比べるとごみ箱自体が少ないので、日本では「ごみを入れる袋を持ち歩く」ように提案している。日本は特にごみ捨てに厳しい国ではあるが、「ごみをポイ捨てしないのは世界各国では最低限のマナー」だと注意を促している。

 記事が注意していることは、どれも人として最低限のマナーといえるのではないだろうか。最近では中国でもかなりマナーを意識する人が増え改善されてきている。とはいえ、人口の多い中国にはまだまだマナーという概念がない人が大勢いるため、こうした啓もう活動は継続していく必要があるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)