日本政府は2001年の科学技術基本計画で「ノーベル賞に代表される国際的科学賞の受賞者を欧州主要国並に輩出すること(50年間にノーベル賞受賞者30人程度)」という目標を打ち出した。2019年現在、この目標はすでに現実味を帯びてきている。中国メディアの第一財経は7日、日本の教育について考察する記事を掲載した。

 記事は、「日本が近現代に2度台頭した最も重要な要因の一つ」が教育だと指摘し、明治・・・・

続きを読む