2010年12月、中国山東省の済南市にあった小さな診療所で、約70年にわたって貧しい人を無料で診察した日本人の医者が102歳で亡くなった。この日本人男性の生涯は日中の歴史に大きく翻弄された人生と言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「約70年にわたって、医者として黙々と貧しい中国人を助けた日本人には、中国人を驚かせる身の上があった」と紹介する記事を掲載した。
<・・・・

続きを読む