中国メディア・東方網は5日、経済的、軍事的に大きく実力を高めた中国に対して、なぜ日本は怯むことなく強い姿勢を見せ続けるのかとする記事を掲載した。

 記事は、日本と中国との関係は歴史的に見て必ずしも穏やかなものではなく、日本は日清戦争から日中戦争に至るまで中国への勢力拡張を続けたと紹介。結局日本は敗戦により衰退し、その後経済発展を遂げるも、近年では中国に経済的にも軍事的にも完全に抜かれたとした。

 一方で「日本のさまざまなアクションを見ていると、彼らはわれわれに対して恐れをなしていないように思える。どうしてわが国がこんなに強くなったのに、日本は怯まないのか」としたうえで、その主な理由について3つ挙げて説明している。

 まずは、「米国は自らのアジア権益を守るべく、戦後に日本と同じ戦線に立つことを選択し、日本に大量の支援をしてきた。日本は米国の膝に抱かれ、経済面で急速に発展したのだ」と説明し、米国というバックボーンがあるからこそ日本が強い姿勢でいられるのだとの見解を示した。

 続いては、日本が原子力を含む最先端の工業技術を持っていることに言及。現時点で様々な制約から各種兵器を製造していないが、いざとなったら容易に兵器を作れるという自信を持っていると主張した。

 そして最後に、中国が平和を愛する国であることが理由の1つであるとし「国際的な問題に直面するたび、わが国は協議により問題解決を図ることを好む。日本はこの点につけこみ、強硬な姿勢を見せているのだ」と論じている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)