中国では偽札が多く世の中に出回っており、偽札の存在が非現金決済を普及させたとも言われている。現金を使う機会が減少している中国だが、買い物の際に高額紙幣を使う場合、店員はレジの脇に置かれている紙幣識別機を使用し、客が支払いに使った紙幣が偽札でないかどうかを「客の目の前」で確認することが普通に行われる。

 日本では買い物の際に紙幣識別機で紙幣の真贋を確認することはまずないが、中国メディアの今・・・・

続きを読む