中国メディア・東方網は3日、同日行われた東京マラソンで、冷たい雨の中で約40人の日本人選手が2時間20分を切るタイムでゴールする一方、中国のランナーは最高で2時間19分だったと報じた。

 記事は、3日午前9時10分、今年初めての世界6大マラソン大会である東京マラソンがスタートしたと紹介。本降りの雨で気温が上がらない過酷なレース環境の中、エチオピアのビルハヌ・レゲセ選手が2時間4分48秒の・・・・

続きを読む