韓国のサムスンが折りたたみ型スマートフォン「Galaxy Fold」を発表した数日後、中国の華為技術(ファーウェイ)も折りたたみ型スマホ「HUAWEII MATE X」を発表し、2019年は折りたたみスマホが大きな注目を集めることになりそうだ。

 中国メディアの今日頭条は1日、「折りたたみスマホ」にとって最も重要かつ最も難度の高い技術は「有機ELディスプレイ」にあるとし、ファーウェイとサムスンの折りたたみスマホにおける争いは「中国と韓国の電子産業における争いでもある」と論じる記事を掲載した。

 記事は、かつて有機ELディスプレイはサムスンやLGなど韓国企業が独占状態にあったが、近年は技術力を高めた中国メーカーが有機ELディスプレイ市場に参入し、スマホメーカーの供給できるほどの量産も可能になったと指摘。一方、2018年11月に韓国の検察はサムスンの折りたたみスマホに関する技術を中国企業に売り渡したとして11人を起訴したことを伝え、「この事件は中韓電子産業の競争を激化させるものだった」と論じた。

 続けて、高い技術力を持つサムスンは折りたたみスマホに必要な部品の多くを内製できる体制にあるが、ファーウェイの場合は外部からの調達の割合が多いと紹介しつつ、折りたたみスマホを舞台とする中韓の電子産業の争いにおいて、勝負の鍵になるのは「生産能力」になりそうだと主張。

 中国企業が有機ELディスプレイを量産できるようになったといえども、同市場で圧倒的なシェアを持つのはサムスンだと主張。圧倒的なシェアを持つことは生産コストの点で有利となるが、記事は中国企業の関係者の話として「どのようなものでも、最初に困難はつきものだ。中国の有機ELディスプレイ産業も今後は成熟に向かい、競争力は高まるはずだ」と伝え、一歩も譲る考えはないことを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)