中国では「日本人は民度が高い」と評価されているが、中国人からすると「日本の文明レベルの高さは細部に顕在化している」のだという。中国メディアの捜狐はこのほど、日本を訪れた中国人が驚く「日本の文明レベル」について論じる記事を掲載した。

 記事の中国人筆者はこれまで何度か日本を旅行で訪れたことがあるようで、「日本は訪れるたびに文明レベルの高さに震撼させられる国だ」と主張。たとえば日本では誰かに道を尋ねれば「誰もが責任を持って案内してくれる」と伝えたほか、飲食店に入れば子ども用の椅子があると紹介し、「些細なニーズでも満足させてくれる配慮がある国が日本である」と論じた。

 さらに、日本人の日常には「日本の文明レベル」を示す事例が数多くあると伝え、スーパーで生鮮食品を購入する際は産地や消費期限が明確に記されていて、トレーサビリティーで生産者や農薬の使用量などを確認することができると紹介。また、日本では水道水を直接飲むこともできるとし、水道水は一度煮沸しなければならない中国とは大きな違いがあると指摘したほか、日本は治安が良いため中国のように自宅に防犯扉を設置したり、窓に鉄の柵を設置したりする必要はないと指摘した。

 また、新幹線や地下鉄、バスなどの公共交通機関は「時刻表どおり」に運行がなされていて、誤差は「秒単位」であるとしたほか、車内では大声で騒ぐ人や携帯電話で通話する人もいないと紹介。鉄道の駅構内には案内図があり、外国人でも迷うことなく移動ができるとした。

 そのほか記事は、日本国内では中国ではあまり見られない社会的弱者とされる人々への配慮が随所に見られると伝え、こうした配慮はまさに日本の文明レベルの高さを示すものであると主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)