中国国内では、「日本は第2次世界大戦の加害国でありながら、原爆の被害を利用して被害者として振舞っている」と批判する声が存在する。中国メディアの一点資迅はこのほど、日本と中国の歴史を引き合いに「日本人は戦争の被害者と言えるのか」と疑問を提起する記事を掲載した。

 記事は、1973年に日中平和友好条約が締結された際、中国の周恩来総理が「中国が日本に対する戦争賠償を放棄したのは、日本国民も戦争・・・・

続きを読む