卓球王国・中国が北京五輪後の2009年に始動した「養狼計画」をご存知だろうか。ここでいう「狼」とはライバルのこと。中国の独り勝ちが続けば、競技として成り立たなくなることを危惧し、ライバルを育てて卓球界を盛り上げようというものだ。中国メディアの澎湃新聞は21日、「中国が育てた『狼』が成長した」として、日本の卓球選手たちの驚くべき成長ぶりを紹介した。

 2年前、弱冠17歳の平野美宇選手が中国・・・・

続きを読む