中国メディア・東方網は14日、日本で卓球選手の育成熱が高まる中で日本の卓球協会幹部が「卓球ブームにより日本の卓球界がかえって危機を迎える可能性がある」との考えを持っているとする記事を掲載した。

 記事は、「日本の卓球選手の台頭が、日本国内で卓球ブームを巻き起こしている」としたうえで、昨年末には日本で小学校1年生以下の幼児、児童を対象としたU7合宿が行われたことを紹介した。
<・・・・

続きを読む