中国メディア・東方網は15日、日本代表DFで現在トルコ・ガラタサライに所属する長友佑都選手について、「その成長の足跡から、日本サッカーすばらしさが垣間見える」とする記事を掲載した。

 記事は、「長友はイタリア・セリエAの名門インテルで長年プレーした、欧州で活躍する日本選手の代表格だ。そんな彼の少年時代の経歴を振り返ると、そこには日本サッカーの重厚な基礎が見えてくるのだ」とした。 続きを読む