中国メディア・東方網は13日、「日中両国のホテルを対比してみて分かった、日本のホテルでチェックアウト時に部屋の検査が必要ない理由」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本は観光に適した場所であり、非常に多くの観光資源を有している。そして、現地の風景は非常に美しく、一度行けば忘れられないほどだ」とした。そして、日本旅行をするには当然ホテルなど宿泊施設の予約が欠かせないが、日本と中国のホテルでは非常に大きな差があると指摘。特にチェックアウトの際に、両国間のホテルの差が顕著になると説明した。

 そのうえで、実際に日本のホテルに宿泊したことのある中国人観光客の話として「日本のホテルでは、チェックアウト時にデポジットを返してくれる。重要なのは、スタッフが部屋に入って設備や備品が多く使われていないか、壊されていないかをチェックしない点だ」と語ったことを紹介。その背景には、日本の大多数のホテルでは宿泊客のことを信頼しており、そのモラルを疑うようなことがあると指摘した。

 そして、日本のホテルがこれほどまでに利用客を信用する理由について「利用する人たちが非常に自覚をもって備品を壊さないようしているから。さらには、チェックアウトのために部屋を出る前には部屋を片付け、布団や洗面用品などをきれいにまとめて帰るのである」と説明するとともに、「日本人のこういった自覚や行動、そして日本のホテルの信頼は、まさに人と人との思いやりである。このような国のイメージは、間違いなく良好なのだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)