車を運転する人が最も嫌うことの1つに「渋滞」が挙げられるのは日本も中国も同じだろう。特に中国では自動車が増えすぎたがために、渋滞はどこにでも存在する日常的な問題となっている。中国メディアの百家号はこのほど、「日本で渋滞が中国ほど深刻な問題となっていないのはなぜか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は北京と東京を比較し、「北京の面積は東京の8倍はある」としながらも、日本は自動車の保有率が高く、東京圏の自動車保有台数は1000万台を優に超えるのに対し、北京は561万台だと指摘。面積が北京より小さく、自動車保有台数が多い東京圏は「渋滞で悩まされていてもおかしくないはずなのに、それとは正反対だ」と驚きを見せた。

 続けて、日本では中国のように渋滞が深刻化しない理由について、2つの要因があると分析。まず1つは「ドライバーのマナーの良さ」であり、2つ目は「公共交通機関が発達していること」だと主張した。中国の都市部では地下鉄やバス等の交通機関があるが、地下鉄は大都市だけの存在であり、地方都市の渋滞までは解決できていない。また、マナーについても、中国人は日本の路上の様子を見て「ドライバーの素質の差は非常に大きい」と驚きを表すのが常だとした。

 日本は中国と比べると道路が狭く、車道に中央線が引かれていない道も多い。しかし、狭い道をすれ違うドライバーは互いに譲り合っていて、お互いに譲らないまま渋滞へと変化することは少ない。車間距離を開けて少し待てばスムーズに通過できる場合でも、中国人ドライバーが待てないのは、「隙間を少しでも空けると割り込みされることを恐れている」と主張。渋滞に巻き込まれると誰もがイライラするものだが、怒鳴って割り込んでいっても渋滞が悪化するだけだと訴えた。

 日常化する渋滞に辟易している中国人たちが日本を訪れ、スムーズに流れる日本の道路状況を見て「ドライバーの素質の差こそが中国の渋滞の原因」と指摘するのも、納得がいくのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)