春節(旧正月)の休暇期間が終わった。中国映画は興行収入58億人民元(約950億円)を超える大盛況となったが、深刻な海賊版問題も発生している。中国メディアの現代快報は12日、「『流浪地球(原題)』など映画データ漏えい 国家版権局が取締りへ」と題する記事を発表した。業界関係者が「中国映画史上最悪の漏えい事故」と評した今回のできごとは、一体どのような背景で生じたのだろうか。

 記事によると、中・・・・

続きを読む