中国メディア・東方網は9日、日本にある世界一短いと言われるエスカレーターについて「必要ないだろうと思ってしまうが、理由を知ったら心が温まる」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、「エスカレーターは今や当たり前に見るようになった設備であり、特に商業施設で多く用いられる。普段見かけるエスカレーターは比較的長いが、日本には高さがわずか80センチメートルちょっと、たった階段5段分という、世界最短と称されるエスカレーターがあるのだ」と紹介した。

 そのうえで「多くの人が、こんな小さなエスカレーターを作ってどうするのか、必要ないではないか、むしろ階段を上った方が速いじゃないか・・・・

続きを読む