旧正月の長期休暇で多くの中国人観光客が日本旅行を楽しんだが、近年では日本旅行の目的に変化が見られるという。中国メディアの一点資訊は5日、「爆買いが終わった今、中国人は日本で何をしているのか」と題する記事を掲載した。

 「爆買い」という言葉は、2015年には流行語大賞にもなったほどだが、最近ではすっかり影を潜めたと言われる。記事は、訪日中国人にはこれまでいくつかのブームがあったと振り返った。炊飯器や温水洗浄便座を主とした爆買いがひと段落して、数年前からは「転売目的」の大量購入が目立ったが、これは中国政府が関税を強化したことで儲けが出なくなり、最近では「自分用に少し購入する」人が増えてい・・・・

続きを読む