国際観光旅客税(出国税)の徴収が1月7日から始まっている。日本から飛行機や船舶で出国する人から1人あたり1000円徴収するもので、外国人旅行客はもちろん、日本人も対象となっている。中国メディアの今日頭条は8日、「日本は旅行者に税金を課している」と伝え、「それでもあなたは2020年の東京五輪を観戦しに行くか?」と読者に問いかける記事を掲載した。

 日本は中国人に人気の渡航先となっていて、訪日客の数は増加の一途をたどっている。2018年に日本を訪れた外国人客は3000万人を超えていて、その経済効果は4兆5000億円に達したという見方もある。国・地域別で見ると中国人観光客が最も多く、18年・・・・

続きを読む