中国メディア・参考消息は9日、「環境保護効率が極めて高い日本人が、また世界を驚かせた」として、ロシアメディアが2020年の東京五輪に向けて日本国内で古い携帯電話をリサイクルのために回収する活動が進んでいると報じたことを伝えた。

 記事は、ロシアメディア・スプートニクの9日付報道を紹介。日本の市民が東京五輪に向けて500万台あまりの携帯電話や、その他の電子設備約4.8トンを供出しており、これらの機器から取り出された金属を材料の一部として東京五輪のメダルを製作するとした。

 そして、スマートフォンやデジタルカメラ、ノートパソコンなどの電子機器を収集する活動は約2年前の・・・・

続きを読む