日本のテレビ番組「はじめてのおつかい」は、1991年から始まり、お正月など節目ごとに年数回ずつ放送されている人気の番組だ。小さなアクシデントが起こるたびに、視聴者は親の目線になってはらはらしたり感動したりしてしまうものだ。

 しかし、これは恐らく中国ではまずありえない企画といえる。子どもの誘拐が非常に多いため、子どもの一人歩きは危険で、小学校も親が送り迎えするほどだからだ。中国メディアの今日頭条は7日、日本では子どもが自由に歩き回れる理由について分析し、「4つのことを実践」していると紹介する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者はまず、日本の映画を見て嘘くさいと思っ・・・・

続きを読む