中国人旅行客の旺盛な消費はかつて「爆買い」と形容された。数年前にはすでに「爆買いには陰りが見える」と指摘されていたが、中国経済の減速の影響なのか、中国人客の消費はさらに勢いを失ってきているという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本国内で「中国人客の消費が落ち込んでいる」と報じられたことを紹介しつつ、中国ネット上では「日本製品は大して良いものではないことが広く知られるようになっただけだ」という反論の声が上がったと伝えた。

 記事は、日本を訪れる中国人客は「爆買い」という言葉が代名詞となるほど、電気炊飯器から温水洗浄便座、カメラや時計など、多種多様な製品を積極・・・・

続きを読む