買い物をして支払いをする際、レジの店員が客が支払ったお札を訝しげに眺め、透かしを確かめる動作をしたら、客はきっと気分を害するのではないだろうか。しかし、日本でこうした偽札を疑う動作を見かけることはなく、またレジにも紙幣の紙幣鑑別機はまず存在しない。これは日本でそれだけ偽札が流通していないからだと言える。中国メディアの百家号はこのほど、「中国では当たり前のように存在する紙幣鑑別機が日本で使われていないのはなぜか」と問いかける記事を掲載した。

 国や地域によって習慣は異なり、異なる習慣に接すると違和感を覚えるものだ。中国は日本と比較すると偽札が非常に大量に流通していて、多くの人が偽札をつかまされた経験があるため現金のやり取りは慎重で、店側が客の目の前で堂々と偽札か否かを確かめるのはごく普通のことだ。

 記事は、近年日本を訪れる中国人観光客の多くが支払いの際に「日本では紙幣鑑別機が使われていない」ことに気付くと指摘。今も現金決済が主流の日本と比較すると、中国で非現金決済が急速に浸透した要因は、偽札が流通していたことだと言われている。中国人からすると現金決済の習慣が残る日本に不便さを感じる一方で、「日本人は偽札を掴まされることを心配しないのか」と疑問が湧くという。

 中国の状況からすると、「偽札も含め模倣品が出回るのは技術の向上を示しているので、早くから発展を遂げている日本では当然偽札が増加しているはずだ」と考えるようだ。しかし、「日本は紙幣の偽造を防ぐために高い技術力を結集しており、紙の原材料から製造方法、特殊なインクなど複雑な過程を経て製造されているために、日本の紙幣を偽造することはほぼ不可能だ」と説明した。

 偽造を防ぐ高度な技術を知って、日本には紙幣鑑別機が必要ないことに納得したようだが、偽札が大量に流通していたことが中国で非現金決済が浸透した要因の1つなのは皮肉と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)