買い物をして支払いをする際、レジの店員が客が支払ったお札を訝しげに眺め、透かしを確かめる動作をしたら、客はきっと気分を害するのではないだろうか。しかし、日本でこうした偽札を疑う動作を見かけることはなく、またレジにも紙幣の紙幣鑑別機はまず存在しない。これは日本でそれだけ偽札が流通していないからだと言える。中国メディアの百家号はこのほど、「中国では当たり前のように存在する紙幣鑑別機が日本で使われていないのはなぜか」と問いかける記事を掲載した。

 国や地域によって習慣は異なり、異なる習慣に接すると違和感を覚えるものだ。中国は日本と比較すると偽札が非常に大量に流通していて、多くの人が偽札をつ・・・・

続きを読む