中国ではかつて日本のフィーチャーフォンが人気だった時代がある。しかし、スマートフォン(スマホ)が登場して以降、中国市場における日本のフィーチャーフォンやスマホはすっかり存在感を失ってしまい、今では中国のスマホが世界的に大きなシェアを獲得している。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本はスマホに必要なディスプレイやカメラのほか、センサーをはじめとする部品を自前で生産することができるのに、なぜ世界で売れるスマホが作れないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、技術的な観点から言えば「日本企業の技術は立ち遅れているわけでもなく、問題は何1つ見当たらない」と・・・・

続きを読む