食の大国と言われるように、中国にはたくさんの美食が存在しており、中国人も食に対して一際強い関心を抱いている。日常的な挨拶で「ご飯を食べましたか?」と尋ねることも、食事を重視する中国の文化を感じさせる。

 そんな食に対して強い関心を持つ中国人が関心を抱く日本の高級食材の1つに「和牛」を挙げることができる。特に神戸牛は中国で非常に高い知名度を誇るが、中国メディアの快資迅はこのほど「日本の神戸牛は中国人にとって驚愕の値段だが、それには納得の理由がある」と論じる記事を掲載した。

 現在、中国国内の日本料理店や韓国料理店で「神戸牛」と謳って提供される牛肉をよく目にするが、記事は「その真偽をどうしても疑ってしまう」と主張。確かに中国はBSE(牛海綿状脳症)発生以降、日本からの牛肉の輸入を禁じているため、普通は中国国内で神戸牛を味わうことは不可能だ。

 一方、中国の経済成長に伴って国外旅行を楽しむ中国人は増えており、日本で本物の神戸牛を食べたいと考える中国人も少なくないようだが、「本当に値段だけの価値があるのか」と不安に思う人も多いという。記事は、「神戸牛にもランクがあり、部位によって価格の差も大きいが、神戸牛が高級食材であるのは明確な理由がある」と指摘。

 それは、「血統が保証されている牛」を「特定の場所」で育てており、しかも肉質を向上させる生育方法によって手間暇をかけて育てられていることだ」と説明、決して大量生産することのできない神戸牛の品質は「値段に見合うもの」であり、その希少性を知ると高い価格も納得せざるを得ないものだとした。

 中国人は、「最高の美食は胃と心を完璧に満たし、全世界の憂鬱をすべて払拭する」と考えるが、日本を訪れた際にはぜひ本物の神戸牛を味わってみてもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)