中国メディア・東方網は5日、先日中国を訪問して中国体操協会との交流を行った日本の体操界の第一人者・内村航平選手が「中国の選手たちは命がけでトレーニングしていた」と語ったことを伝えた。

 記事は、「日本の体操代表選手が中国を訪れて交流を行ったことが、多くの人の注目を集めた。何と言っても両国は体操界におけるライバルだ。それにもかかわらず胸襟を開いて互いに学びあったのだ。すでに日本の選手たちは帰国したが、彼らは大きな収穫を得たようだ。個人総合王者の内村も、中国体操界が強い秘密を知ったと語った」と紹介した。

 そして、五輪をはじめとする国際的な大会の個人総合で何度も金メダ・・・・

続きを読む