国外旅行がすっかり定着した中国では、旧正月の長期休暇でも多くの人が国外へ行くようだ。これまでは、旧正月といえば親戚の家を訪問して回るのが当然だったが、この休暇を利用して旅行に行く人がますます増えており、今年は3割近くにも上ると見られているという。中国メディアの今日頭条は3日、「旧正月に旅行に行く人は増えたが、国内旅行はまったく流行らない」とする記事を掲載した。

 人口の多い中国では、人が移動する時期の混雑は日本の比ではない。記事によると、旧正月の週には旅行者のピークを迎え、この週だけで4億人の旅行者が見込まれているという。記事は、10年あまり前と比べると旧正月の時期の旅行者の増加がは・・・・

続きを読む