長時間の空の旅における大きな楽しみの1つは、各航空会社によって異なる機内食だ。中国メディア・東方網は4日、「世界で最もおいしい機内食は日本の全日空で、わが四川航空も負けてしまう」とする記事を掲載した。

 記事は、「世界の各大手航空会社の機内食を比較してみると、評判が最も高いのは全日空の機内食だ。ステーキやフライドポテトが好きな欧米人も、日本の全日空の機内食を絶賛するのだ。そして、中国国内では人気が高い四川航空の機内食も、全日空の前では敗走せざるを得ないのである」とした。

 そのうえで、全日空の機内食が最も人気である理由について解説。「食事自体はあっさりしたものがメ・・・・

続きを読む