モバイルに特化した調査研究機関MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は2019年1月に、スマートフォンを所有している成人男女を対象にした「QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施した。その結果、日本におけるQRコード決済を利用している人は全体の10%程度で、依然として「クレジットカードで十分だから」と考えている人が多いことが分かった。QRコード決済は、まさに「黎明期」にあり、今後の展開に注目したい。

 QRコード決済は、中国ではオンラインショップのアリババグループが運営する「AliPay」、大手SNSを運営するテンセントが展開する「WeChat Pay」が爆発的に・・・・

続きを読む