北海道を舞台にした映画がヒットしたことがきっかけで、中国で北海道ブームが起きたことは記憶に新しい。2008年に公開された映画「非誠勿擾(狙った恋の落とし方。)」は北海道が舞台となったラブコメディで、この映画のヒットによって中国での北海道の知名度がさらに上昇し、大勢の中国人観光客が北海道を訪れることになった。

 映画公開からすでに10年以上が経過したが、中国では今でも北海道の人気は健在だ。美しい雪景色や北海道ならではの美食など、中国人を引きつけ続ける北海道について、中国メディアの今日頭条はこのほど、北海道で美食を堪能した中国人が「あまりにも美味しいものを食べ過ぎて、『舌が肥える』という・・・・

続きを読む