海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の駆逐艦に対して低空で威嚇飛行をしたと韓国側が批判していることについて、韓国・国防省はその証拠としてレーダー画像を公表したが、日本国内では「画像を改ざんしているのではないか」との指摘が出ている。

 中国メディアの新京報は30日、日本と韓国がレーダー画像をめぐって互いに舌戦を繰り返していると伝える一方、専門家の意見として「こうした問題は日韓が抱える本質的な矛盾ではなく、長引く問題ではない」と伝えている。

 記事は、レーダー照射問題や威嚇飛行問題をめぐって日本と韓国の関係が急激に悪化しており、第三者の中国から見ると「時間が経つにつれて、ます・・・・

続きを読む