中国メディア・東方網は1月31日、日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長が語った張本智和選手に関するエピソードについて「中国のスポーツ界には、こういう姿勢が欠けている」とする記事を掲載した。

 記事は、宮崎氏が先日中国の卓球雑誌のインタビューを受けた際に、日本における卓球の人材育成戦略について語ったとし、「意外なことに、宮崎氏が強調したのは選手たちの総合的な素養を育てることであり、試合の成績よりもこの点を重んじているというのだ」と伝えた。

 そして、人材育成の例として「ある大会で、張本が宿舎の部屋の片づけができていないと聞いた日本代表のコーチが、試合後に張本に部屋の清掃・・・・

続きを読む