1月24日からの1週間で、サーチナで最も読まれた記事ベスト3は以下の通りだった。

 第1位は、「日本を軽視した国は『大きな代償を払った』、日本軽視は『あまりにも危険』=中国メディア」(公開日:1月11日)。第3週から3週連続での1位になった。中国メディアは、GDPで日本を抜き去り、米国に次ぐ世界第2位の経済大国になったことから、一部の中国人の間で日本を軽視する風潮があることを危惧し、「中国は日本を抜いて世界第2位の経済大国になったとはいえ、日本を決して軽視してはならない」と警鐘を鳴らしている。この記事では、日本は明治維新以降の数十年の間に、隣接する大国である、中国(清国)、ロシア、ア・・・・

続きを読む