アジアカップ2019で日本代表は2大会ぶり5回目の優勝に王手をかけた。準決勝で対戦したイランは中国を3ー0で下した相手だっただけに、そのイランを日本が3得点を挙げて下したことは、中国のサッカーファンたちに大きな衝撃を与えたようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本では「誰でも自由にサッカーができる環境がある」と伝えつつ、この環境が中国サッカーとの実力差をもたらしていると指摘する記事を掲載した。

 記事は、かつて中国サッカー代表が日本より強い時代があったと指摘し、日本代表と中国代表の対戦成績は中国の7勝20敗7分であると紹介。しかし、この7勝のうち5勝は20・・・・

続きを読む