警察庁が4日に発表した2018年の交通事故死者数によると、昨年の交通事故による死者数は前年から162人減少して3532人になった。これは、統計を始めた1948年以降最小の数字であり、日本では過去20年間に交通事故による死者は年々減少している。中国メディアの一点資訊は27日、「なぜ日本では交通事故が少ないのか」について分析し、中国と比較する記事を掲載した。

 中国では、日本と比べると交通事・・・・

続きを読む