中国の経済力が強まるにつれ、中国企業が日本に進出するケースが増えていて、街中では中国企業の看板や広告を見かける機会も多い。また、繁華街などでは中華料理店も数多く存在するため、日本を訪れた中国人は「まるで中国にいるかのような既視感」を覚える場合があるらしい。

 中国メディアの百家号はこのほど、日本には至る所に中国語が書かれた中華料理店があって、まるで自分が日本にいるのか、中国にいるのか分からなくなるほどだと論じる記事を掲載した。

 記事は、日本には中国で見慣れた「餃子館」をはじめとする中華料理店が数多く存在し、飲食店が数多く入ったビルの看板を見ていると「まるで中国にいるかのような気分になる」と紹介。「せっかく日本に来たのに」という失望よりも、むしろ中国が日本にこれだけ浸透しているという事実に驚くと伝えた。

 しかも、中国で広く知られた大手チェーン店もずいぶん日本に進出していることがわかったと伝えつつ、なかには店内のメニューがすべて中国語で書かれているなど、日本人客を対象とせず、日本在住の中国人だけを対象に商売をしている中華料理店もあったほどだと紹介した。

 さらには明らかに中国人が経営していることが分かる名称のネットカフェなど、日本は多くの中国人が思っている以上に「中国企業や中国の文化が浸透していた」と主張し、中国で見慣れた看板を日本で見かけたらきっと「日本にいるのか、中国にいるのか分からなくなるだろう」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)