中国では日本メーカーの一部の医薬品が「神薬」として扱われ、大きな人気を獲得している。こうした人気に便乗し、日本で「神薬」と呼ばれる医薬品を大量に入手し、中国で転売するブローカーも少なくない。

 医薬品である以上、たとえ市販のものであっても用法や用量を守ることが必要なのは言うまでもなく、誤った用法や用量で薬を服用すれば副作用が出る恐れがある。その薬が処方薬であれば、なおさら用量などに注意する必要があるが、中国国内では「神薬」の用法や用量を守らずに服用している人が多く見られるようだ。

 中国メディアの東方網はこのほど、日本の喘息薬が中国で「神薬」としてもてはやされていることを紹介する一方、中国ネット上では「安全無害」、「あっという間に咳が止まる」などと謳われて転売されることを指摘し、医薬品は乱用してはならないと注意を呼びかけている。

 記事が紹介している喘息薬は市販の医薬品ではなく、医療用医薬品であり、医師が処方するれっきとした処方薬だ。日本語が書かれていることから、日本国内で処方されたもので、中国国内に向けて違法に転売されたものと推測される。この喘息薬は「狭くなった気管支を広げる」効果のある薬だが、中国では「すぐに咳が止まる」薬という「誤った認識」が広がっているようだ。

 記事は、有識者の見解として「中国のネット上で、『あっという間に咳が止まる神薬』としてもてはやされている日本の薬は処方薬」であり、用法や用量を正しく使わないと非常に危険だと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)