アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のアジアカップ2019で、中国代表は準々決勝でイランと対戦し、0ー3で大敗した。イランはもともと優勝候補の一角に数えられていたが、そのイランを日本代表は3ー0で下した。

 中国メディアの今日頭条は29日、中国代表が3失点を喫して敗れたイランを相手に、日本代表が3点を挙げて快勝したことについて、中国ネット上では「日本代表と中国代表の実力差」について議論する声が高まっていると伝えた。

 記事は、日本が強豪イランを3ー0で下して決勝戦に駒を進めたことについて、中国ネット上では様々な人が自分の考えを発表していると紹介。
続きを読む