上品な美しさと味わいで海外でも愛されている日本の和食。中国メディアの今日頭条は27日、「日本料理はなぜ人の心をつかむのか」と題する記事を掲載した。

 和食は中国人にも人気である。記事は、中国でも和食の店が増えており、人気がますます高まっていると感じると伝えた。増加し続ける訪日中国人の多くも、和食を日本旅行の楽しみの1つにしているという。和食は見ても美しく味わいも良いと言えるだろう。中華料理も、高級店では見た目の豪華な海鮮を利用したり食材を彫刻するなど、美しいものもあるが、和食はまた違った美しさがある。

 記事は和食の美しさについて、器に盛られた食材の形、盛り付け、彩りなど非常に精緻で、「まるで風景画のように美しい」と表現。初めての日本旅行で和食を経験すると、もったいなくて箸を付けられない人もいるという。

 和食の別の特徴として、記事は「彩り、香り、味わい、器の4つの調和」を大切にしていると紹介した。さらに、食材と調理法には「季節感」が求められ、「五感」で味わう料理であるとも伝えた。中国では和食について、手間のかかる中華料理と違い、生の魚や野菜を切って並べるだけの簡単な料理だという人がいるが、実際には非常に奥の深い料理だと言えるだろう。

 記事はさらに、和食の味付けはあっさりとしていて、食材の味を大切にし、うま味調味料などはあまり使わないとも紹介。使う油も非常に少なく、「鮮度と食材本来の味を大切」にしていると伝えた。中国では、炒め物でも中華鍋に油をたっぷり注いで作るため油っこい。冷めるとおいしくないというのは使う油が多いためでもあるだろう。化学調味料もたっぷり入れることが多いので、食材そのものの味が分からないものも多く、和食とは全く異なっているといえるだろう。

 とはいえ、そんな中国でも和食が人気となっており、海外でも愛されているというのはうれしいものである。中国の日本料理店では、中国人の好みに合うように変化しているものが多いが、やはり日本に来て本物の和食を経験してもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)