近年、品質の向上が見られるようになった中国車だが、その競争力を比較した場合に日本車とはどれだけの開きがあるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国車が日本車に追いつくには「あと50年はかかる」と強調する記事を掲載した。

 記事は、中国の自動車メーカーの代名詞といえば、他社の自動車を分解してパクる「リバースエンジニアリング」であると主張する一方、近年はパクリだけではなく、自主開発による成長も見られるようになったとし、これが中国自動車メーカーに飛躍をもたらしたと主張した。

 ガソリン車の燃費も向上し、電気自動車の分野でも大きな成果を挙げている中国車メーカーだが、世界の自動車産業を牽引する日本車メーカーと比べると「まだまだ圧倒的な差があるのが現実」であるとし、その差を年数で表現するならば「追いつくまでに50年」はかかるほどであると論じた。

 続けて、日本車メーカーとの差は、自動車の品質だけにとどまらず、生産管理の能力やサプライチェーンマネジメントの質など、見えない部分にも存在すると指摘。そして、日本車の強さと圧倒的な競争力を生み出しているのが、こうした見えない部分であると伝え、こうした部分こそ中国車メーカーが学ぶべき点であると強調した。

 さらに記事は、日本の自動車メーカーは世界的に良好なブランドイメージを築いていることを指摘し、生産管理能力やブランド力を含めて比較すれば、中国車が日本車に追いつくには、「あと50年は優にかかる」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)