近年の急激な経済発展と旅行ブームにより、非常に多くの中国人が日本を訪れている。来日した際、日本と中国の様々な違いに驚く中国人は多いという。中国メディアの捜狐はこのほど、日本のトイレを紹介する記事を掲載し、「日本では公衆トイレであっても非常にレベルが高い」と伝えている。

 近年、日本を訪れる中国人旅行客の数は年々増加を続けている。2018年の訪日中国人客数は過去最高の838万人に達した。中国で日本旅行が人気となっているのは、中国国内を旅行するよりも費用が安く済み、そのうえ様々な感動に溢れているからだと言えるだろう。

 記事は、訪日した中国人が驚き、そして、感動を覚えることの1つに「トイレ」があると指摘し、「日本のトイレは公衆トイレまでレベルが高い」と紹介している。なぜなら日本では公衆トイレですら温水洗浄機能のある便座が設置されていて、壁に取り付けられた沢山のボタンが着いた操作盤で、便座が温まる機能や、用を足している音を消す機能などを操作することができることを紹介した。

 また、「トイレットペーパーを直接便器に流すことができる」のも、中国人にとっては驚きであることを紹介した。中国にも様々な場所に公衆トイレが設置されているが、非常にきつい臭いがするのが一般的だ。これは中国のトイレは紙を流すと詰まってしまう可能性があるため、使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に捨てる習慣があるのが一因だ。

 以前、中国人旅行客が日本で温水洗浄便座を爆買いしたことからも分かるとおり、自宅のトイレは清潔かつ快適な空間にしている中国人は少なくない。だが、公共の場所になると、「自分のものではない」、「自分の場所ではない」といわんばかりに雑な扱いを見せる人は多いのが現状だ。それゆえ中国人は日本では公共のトイレであっても「まるで誰かの家のトイレ」かと勘違いしてしまうほど、清潔で快適であることに驚くのであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)