日本を訪れる中国人観光客は、日本でしか味わえない美食を堪能することも1つの醍醐味として楽しんでいるようだ。中国メディアの今日頭条は23日、京都と大阪を中心に日本でしか味わえない美食を紹介しつつ、日本は食を堪能するためだけに訪れる価値があると紹介する記事を掲載した。

 まず紹介したのは京料理で、「日本料理のなかでも非常に歴史が深く、関西地区特有の調理方法を用い、日本人では伝統的な高級料理とされている」と説明。そして、ミシュランの評価を受ける店を詳しくレポートしている。

 その京都の店は独自の特色を持ち、「フランス料理にも通ずる盛り付けで懐石料理を提供し、日本各地の厳選した旬の素材を使い、店内の空間にも繊細な統一感がある」と高く評価。「京料理は盛り付けの仕方や器が一体となって芸術品と化していた」と感動した様子だ。中国でも日本料理を提供する店が数多く存在し、料亭や居酒屋の雰囲気がおしゃれと若者の間で人気が高まっているが、こうした京料理は日本でしか味わえない特別な体験だといえるだろう。

 続いて京都の錦市場を紹介。京都の台所とも呼ばれる錦市場には、「生鮮品のほかにお惣菜、漬物といった食品、さらには調理器具などの店も並び、日本人の食卓を垣間見ることが出来る」ので、中国人にとって面白い体験となるようだ。他にも、大阪で食べたリーズナブルで美味しい回転寿司を紹介。生食の習慣がない中国人も寿司や刺身を美味しいと感じ、ぜひ日本で食べようと思う人もいることが分かる。また、中国発祥のラーメンは日本で独自の進化を遂げ、もはや中国のラーメンとは別物となっただけあって、「日本のラーメンは既に日本の国粋だ」と絶賛している。

 日本を訪れる中国人観光客が増加するにつれて、日本人にも知られていないような各地のグルメ情報が中国のネット上で拡散されるようになった。こうした情報を見た中国人が、買い物だけでなく新鮮な体験や美食も日本の魅力と感じるように変化していることがわかる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)