日本の街では一部の地域を除いて、空に無数の電線が張り巡らされている。かたや中国では電線の地中化が進んでいて、街を歩くと頭上に電線が見られない代わりに「地下に電気ケーブルあり」といった標識をよく見かける。両国の違いはいったいどこから生まれるのだろうか。中国メディア東方網は27日「日本の街でいまだに電線が張り巡っているのは、それを変えるつもりがないからだ」とする記事を掲載した。

 記事は、「・・・・

続きを読む