27日、日本の人気アイドルグループ・嵐が2020年いっぱいで活動を休止することが発表され、日本国内が大きな驚きと衝撃に包まれた。中国版ツイッター・微博でも、ほぼリアルタイムで伝えられ、大きな反響を呼んでいる。

 日本の情報を紹介する微博アカウントは、日本のメディアが第一報を伝えた直後の27日午後5時過ぎに活動休止の情報を紹介。20年12月31日に活動休止することを伝えるとともに、ファンクラブサイトで発表されたメンバー5人のコメントとその中国語訳を付した画像を掲載した。

 中国でもファンの多い嵐による突然の活動休止発表を紹介する書き込みに対し、配信から2時間ほどですでに1万件を超えるリツイートが行われ、5000件を超える書き込みがついている。微博の検索ワードトップ10の上位にも、嵐の解散に関するワードが入った。

 中国のファンからは「なんでなんでなんでなんで」、「嵐が活動を止めるなんてありえないと思っていた。メンバーが結婚しても続けると思っていた」、「まだコンサートに行ったことがないのに」、「永遠に一緒にいるんじゃなかったの」、「受け入れられないよ」など、驚きや悲しみの声が数多く寄せられた。

 また、「震えが止まらない。ファンではないけど、とても好感を持っていた。ファンじゃない自分でさえ衝撃を受けたのだから、ファンはきっとつらいだろうな」、「嵐のファンじゃないけどみんなそれぞれ光った部分があって好きだったからびっくり」など、熱烈なファン以外からも広く愛されていたことをうかがわせる書き込みも見られる。

 このほか「これってつまり、言い方を変えた解散じゃないのか」「円満な終わり方で、賢明な選択だと思う」、「まさか、誰か結婚するのか」といった感想に加え、「SMAPの次は嵐か・・・ジャニーズの2大国民的アイドルグループがなくなってしまうのか」とするユーザーもいた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)