1月17日からの1週間で、サーチナで最も読まれた記事ベスト3は以下の通りだった。

 第1位は、「日本を軽視した国は『大きな代償を払った』、日本軽視は『あまりにも危険』=中国メディア」(公開日:1月11日)。第3週に続いて2週連続での1位になった。明治維新以降、日本は、日清戦争、日露戦争に勝利をおさめ、太平洋戦争では米国とも戦うなど、わずか数十年の間に太平洋の両岸にある世界で最大最強の国々と戦ったという歴史がある。中国メディアは、「過去の教訓を忘れ、何を根拠にしているのかわからないが、日本を軽視する風潮がある」と主張し、中国は日本を抜いて世界第2位の経済大国になったとはいえ、日本を決し・・・・

続きを読む