世界各国にはその国独自の食文化が存在する。日本といえば「寿司」を連想する外国人は多く、日本人は毎日「寿司」を食べると誤解している人も少なくないというが、それだけ寿司の認知度が高いということだろう。

 中国メディアの快資訊は22日、日本と言えば寿司であり、韓国と言えばキムチというように日韓には代表的な料理が存在すると指摘しつつ、「それでは中国を代表する料理は何だろう」と問いかけ、中国の美食について考察している。

 記事は、日本と言えば、何と言っても「寿司」が代表的な料理であると主張し、多くの中国人が同じであろうと指摘。近年は中国でも日本料理の人気が高まっていて、近年では日本料理を提供する店が中国各地に次々とオープンしているが、その多くで寿司を提供していることからも、「寿司」は日本を代表する料理であることが分かると主張した。

 続けて、韓国の代表的な料理と言えば、多くの人が「キムチ」だと答えるだろうと主張。韓国人は毎食のようにキムチを食べていて、様々な料理の中にキムチが入っていて、韓国人にとってキムチは「料理の魂」のようなものだと分析した。

 では、中国といえば何を思い浮かべるのだろうか。記事は「中国を代表する料理が思い浮かばない」と主張。その理由について、「中国の美食は非常に多くあるため、代表的なものを選ぶことができないのだ」と主張し、「北京ダック」や「ザリガニ料理」、「火鍋」などが海外でも知られているが、「中国の深みのある食文化のなかから代表料理を1つ選ぶのは無理だ」と論じた。

 中華料理は世界3大料理の1つとされるだけあって、確かに中国には様々な美食が存在している。高級中華からB級グルメまで幅広い美食があって、街で食べ歩きすることも楽しみの1つだ。だが、B級グルメを提供している屋台などでは衛生的に問題のありそうな店も多数存在しているため、中国を旅行で訪れた際には自己責任で判断する必要があることも忘れてはならない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)