日本の少子化問題に関しては、政府も次々と政策を打ち出しているが、なかなか思うように効果が出ていないようだ。厚生労働省によると、2018年の日本の出生数は92万1000人と3年連続で100万人を下回り、自然減は44万8000人で過去最大を更新した。中国メディアの百家号は23日、「日本の出生率はどうしてこんなに低いのか」と題する記事を掲載した。中国でも少子高齢化がすでに始まっているが、その理由は日本とは違ってい・・・・

続きを読む