“aibo”(アイボ)の初めての仕事は「おまわりさん」。ソニーの自律型エンタテインメントロボット“aibo”が室内をパトロールし、その様子をレポートするサービスが2019年2月中旬からスタートする。「aiboのおまわりさん」は、aiboと共に暮らす中で楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティ+エンタテインメント)をコンセプトとした新しいサービス。セコムとのパートナーシップを開始し、将来的な新機能・サービスの提供を目指すという。

 「aiboのおまわりさん」の基本機能は、まず、aiboが室内を自由に歩き回って、活動可能な範囲を「地図」として作る。この地図は、・・・・

続きを読む